オルニチンサプリは肝臓に良い

オルニチンサプリというと、飲みすぎた時に飲むイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。オルニチンは遊離アミノ酸というアミノ酸の一種で、血液に溶け込む形で体内を巡っています。オルニチンは肝臓で活躍し、肝臓の働きをサポートし疲労を回復させてくれる成分とされています。
肝臓は血液で運ばれてきた物質に対して、栄養素を分解したり、合成したり、貯蔵したりといった役割を担っています。また、解毒作用も肝臓の働きの1つです。オルニチンを口から摂取すると、腸で吸収されて体内を巡った後に肝臓にたどり着きます。すると、オルニチンは肝臓のオルニチンサイクル(尿素回路)というアンモニアを解毒する代謝経路で働きます。オルニチンはオルニチンサイクルの働きを活発にすることで、アンモニアの解毒を促進します。アンモニアにはエネルギーの源であるATPの産生を阻害し、脳のエネルギーの元であるグルコースの生成を妨げる作用があります。つまり、アンモニアの解毒を促進することで、オルニチンはスムーズなエネルギーの産生を助け、それが疲労回復につながるのです。
オルニチンを多く含んでいる食品で有名なのは、シジミです。キハダマグロやチーズ、エノキタケ、ヒラメといった食品にもオルニチンは含まれていますが、シジミは飛びぬけて含有量が高いのが特徴です。しかし、毎日食べるのは難しいと思いますので、そういう時はオルニチンサプリがおすすめです。オルニチンサプリは飲みすぎた後に効果的と言われています。